キャスティングについて

S-Collectionのキャスティングについて

多様化するキャスティング(クラウドキャスティング)

多様化するキャスティングサービスとS-Collection株式会社が大切にするもの

ITの発展にともない、メディアの形態がラジオからテレビへ、テレビからインターネットへと進化しているなかで、キャスティング手法も多様化しています。

今回は、近年あらたに広がりをみせているクラウドキャスティングを紹介します。

クラウドキャスティングとは、キャスティング会社に登録されているさまざまなジャンルのゲストにWeb上で簡単に出演依頼をしたり、出演募集をかけたりすることができるキャスティングサービスです。このシステム化されたキャスティング手法により、依頼者と出演者双方にとってキャスティングはよりスピーディーで身近なものとなってきています。

クラウドサービスが普及することによるメリット

クラウドキャスティングのように、クラウドサービスを導入して、従来よりも速く、安く、サービスを提供する企業も増えてきています。

クラウドサービスの導入で利用者数が増えているモデルのひとつとして、民泊事業があげられます。

仲介会社のサイトに登録することで部屋を貸したい人と借りたい人がつながり、旅先ですぐに宿泊先を探すことができ、一般のホテルよりも安く泊まれるというメリットから、2015年3月には日本全国でたったの5,000件しかなかった民泊物件が、2017年3月には43,000件にのぼり、市場規模はさらに広がっています。

変化していく業界と、変わらない想い

メディアの形態が変わってきたように、将来的にはクラウドキャスティングが当たり前になるかもしれません。S-Collection株式会社は創業時より、ヒアリングを重ね、ニーズを理解していく対話を主としたコミュニケーションをとりながらキャスティングを行なってきました。
これからも時代の変化にあわせて、皆様から必要とされる企業で在り続けます。

イベントのコンセプトに合わせたキャスティング

コンセプトに合わせたキャスティング

S-Collection株式会社キャスティング事業部では、イベントのコンセプトに合わせて、各方面でご活躍されているアーティストや講師陣から、その実績や内容に基づいて適切な配役を決定(キャスト)しています。

今回は、TSUTAYAビジネスカレッジ様とS-Collection株式会社が主催している『TSUTAYAビジネスカレッジcollection』の講演会を例に紹介していきます。

この講演会は、「楽しみながら、学ぶ」「学びながら、楽しむ」というイベントのコンセプトに合わせたキャスティングをおこなっています。

1.ひと味違う講演会 

キャストはビジネス界のトップランナーとしてご活躍されている方ばかりで、ご自身の経験から来る学びや気づきを分かち合ってくださいます。

来場者のリアクションをみて、コミュニケーションをとりながら講演をしていただくため、来場者だけではなく、キャストの方からも「楽しかった。」という感想をよくいただきます。

ある講演会では、「熱気があり素晴らしい講演会だった。」とおっしゃる方もいました。

2.イベント成功のその先 

TSUTAYAビジネスカレッジcollection』は、コンセプトである、「楽しみながら、学ぶ」「学びながら、楽しむ」を実現するためのキャスティングをおこなうことで、来場者にもキャストにも喜んでいただいています。「こんなにも楽しいイベントならば」と来場者にはリピーターも多く、安定した集客にもつながっています。

これからもS-Collection株式会社では、企業様が「どんなイベントにしたいのか」を大切に、コンセプトにあったキャスティングをおこなうことで、企業様の想いを一緒に形にしていきます。

パフォーマンスを最大限にするのは!?キャスティングのベストマッチング!

キャストが考える、最高のパフォーマンスをするための2つのポイント

 

今回は今までと違った観点から、S-Collection株式会社のキャスティングについて紹介します。

1.イベントの来場者

キャストは、イベントによってどのようなパフォーマンスがベストか常に考えています。

ベストを考えていく上で、イベントについての事前情報はとても重要です。

まずはじめにキャストが気にするのは、来場者の年齢層です。

たとえば講演会の場合、学生向けか、社会人向けなのかで、伝えるべきメッセージが変わる場合もあります。

以前、S-Collection株式会社が開催した社会人向けの講演会で、効率的な時間の使い方や、仕事に対する姿勢について話していただいた講師に感想を聞くと、「熱気があり素晴らしいお客さまだった。」「若い人たちが多く学ぼうとする様子に嬉しくなった。」「このような機会をもらって感謝している。」と述べていました。

来場者が期待していることと、キャストのパフォーマンスや講演内容が一致することで、来場者の満足度は格段に高くなります。

2.イベントの趣旨

キャストは、自身の今後の活動につながるかどうかも視野にいれているので、イベントの趣旨が、キャストのイメージに合うかを気にしています。

イベントの趣旨と、キャストのイメージをマッチングさせることが、イベント運営を行う企業様、来場者にとって満足度の高いものを提供することにつながります。

他にも、会場が歴史的建造物であることや、収容人数の多さという会場自体の価値によって気持ちが高まったというキャストや、来場者の熱気ある雰囲気で普段よりとても話しやすかったというキャストもいます。

S-Collection株式会社では、主催者側にとってもキャストにとっても、双方のメリットがマッチするよう試行錯誤しながら、互いに発展していけるキャスティングを心がけています。

創業早々ピンチ!突然のキャンセルを乗り越えて、逆境に強い組織に!

創業期秘話!物語の序章ここにあり!

現在は、おかげさまで数多くの企業様から依頼をいただくようになってきましたが、創業期は苦難の連続でした。  今回は当時の裏話を紹介します。     

 これは夢なのか!?突然のキャンセル!

記念すべき1件目のキャスティングは、思わぬかたちで成功しました。

最初にいただいた依頼は、ある講演会でのキャスティングでした。

企業様のイメージにあった講師を選び、コンタクトをとり、提案しては断られるということを何度も繰り返しました。

ついにキャストが決まり、交渉、調整や手続きも進み、あとは本番をむかえるだけというところまでこぎつけたある日のことです。

突然、キャストに決まっていた方から連絡が入ります。

「やっぱりこの話はなかったことに・・・。」      

限界を超えてからが正念場    

現場は騒然としました。  数々の断りの末ようやく決まったキャストだったため、代役を探すには時間の余裕も頼りになる人脈もまったくありませんでした。   

しかし本番まで猶予がない状況だったからこそ、今一度、S-Collection株式会社の全員が力を合わせ、アイデアを出しあい、いちから企画を立て直していきました。    

すると、あるひとりの方の紹介からグローバルビジネスの第一人者の方とつながったことがきっかけで、出演を快諾いただき、キャスティングすることができました。その甲斐あって当日の講演会は大盛況のうちに終えることができました。      

この経験があったからこそ、ご縁を大切にし、さまざまな依頼に対応できる会社に成長することができました。

S-Collection株式会社は、これからもひとつひとつのご縁を大切にしながら、企業様のお役に立っていきます。

キャスティング企業研究〜通販系に強い会社〜

映画×キャスティング  

キャスティング企業研究〜イベント系に強い会社〜」で、キャスティングの基本的なサービスの仕組み、会社によって強みがあること、そしてイベントを得意としているキャスティング会社について紹介しました。

今回は「映画系を得意としているキャスティング会社の活動」について紹介します。

こうして決まる!映画のキャスティング!

映画のキャスティングにおいては、制作プロダクションとキャスティング会社との
信頼関係が非常に重要になります。

なぜなら、制作プロダクションは映画の企画立案、制作、費用、配給、および興行といった主要業務を担っているからです。

キャスティング会社としては、どれだけ効率的に候補者を選出できるかが、信頼を得るポイントになります。

映画系のキャスティングを得意としている会社では、映画のジャンル、キャストの出演歴などを体系的に整理しています。さらに、旬の役者の把握はもちろんのこと、多角的な視点と情報網も駆使しています。
これらの多くの要素を考慮し、企画内容にあわせたキャスティングをしていきます。

「あの映画の配役は、はまり役だったね。」

と感想をいただく声が多ければ多いほど、制作側のイメージや映画のテーマに沿っているだけではなく、観客の満足度が高いキャスティングをしたことになり、キャスティング会社は企業様へ価値を提供できたといえます。

今回は映画関連のキャスティングについて紹介しました。S-Collection株式会社では上記のキャスティングはおこなっていませんが、どのような分野においても、お客さまのイメージやニーズをかたちにすることがキャスティング会社の仕事であることは共通です。

やりがいを感じる時

来場者の感動を創るキャスティング!この仕事のやりがい!

S-Collection株式会社は、これまで数多くのキャスティングに携わってきました。今回は、キャスティングの仕事をしていてやりがいを感じる瞬間を紹介します。

 

キャスティング業務は、企業様のご要望に合わせてマッチングすることが仕事です。しかし創業当時は実績がないため、企業様からキャスティングの仕事をいただいても、S-Collection株式会社からの依頼を受けてくださる方がなかなか見つかりませんでした。

そんな中、ご縁がつながり、徐々に実績を積み上げてきたことで、キャスティングの幅が広がってきました。一例を紹介しますと、あるイベントでは国民的なヒットソングを世に出したボーカルデュオをお招きしたことがあります。そのボーカルデュオは、今の20代から30代が学生の頃、話題になったドラマの主題歌や、20年以上続く人気アニメの主題歌を歌ったことがある方々です。

 

なぜ、オファーを受けていただけたのかを伺ったところ、S-Collection株式会社の掲げる「これからの日本を担っていく若者が、夢に向かい努力することを応援する」というスローガンに共感したため、とご回答いただきました。出演いただいたイベントでは、懐かしいセットリストに来場者も大喜びで、一緒に歌ったり、曲に合わせて腕をあげたり、たいへんな盛り上がりとなりました。

 

さらに、口コミやSNSでの拡散力がある年齢層が集まっていたため、そのイベントの噂が広まり、その後のライブ活動にもつながり、キャストにも喜んでいただきました。

 

キャスティングの仕事にやりがいを感じるのは、そのイベントが大盛況で、企業様、来場者様、キャスト、すべての方に喜んでいただいた時です。

特に、前述のイベントのように国民的な人気がある方や著名人が、出演を通じてイベントに価値を感じていただけるキャスティングができた時は、喜びも格別です。

これからも、S-Collection株式会社はキャスティングをとおして企業様のご要望に応えつづけていきます。

キャストも夢中になる!S-Collection株式会社の運営イベントは、いつも大盛況!

キャストの最高のパフォーマンスを引き出します!

今回は、S-Collection株式会社がキャスティングしたイベントにおいて、キャストがどう感じているのかを紹介します。

S-Collection株式会社が大切にしているコンセプトのひとつに、「主催者と一緒につくり上げる」というものがあります。主催者の要望に応えることはもちろん、期待を上回る価値を提供することを大事にイベントをつくり上げてきた結果、 S-Collection株式会社の大きな強みができました。

それは「キャストまでもが虜になる」空間の実現です。

S-Collection株式会社の手がけたイベントにおいて、数々のキャストが舞台上で思わず発する言葉は「こんなに盛り上がるステージは、はじめてだ!」です。

実際にイベントにお越しいただいた方は、何度も聞いたことがあるのではないでしょうか。

主催者、スタッフ、来場者までもが一丸となってその場を盛り上げるので、キャスト自身も楽しくなって、「もっとパフォーマンスしたい!」「もっと話したい!」と、思わず持ち時間をオーバーしてしまうほどです。

以前、イベントにお越しいただいた有名女性シンガーは、イベント後の予定も変更し、当初の出演予定を30分以上延長してパフォーマンスを披露するほど、心から楽しんでいました。また、お笑いイベントや著名人の対談でも、盛り上がりのあまり持ち時間を延長してしまうことは珍しくありません。

主催者と二人三脚でイベントをつくり上げ、キャストが最高のパフォーマンスを発揮できる空間を演出すること。それがS-Collection株式会社の強みです。