キャスティングについて

S-Collectionのキャスティングについて

やりがいを感じる時

来場者の感動を創るキャスティング!この仕事のやりがい!

S-Collection株式会社は、これまで数多くのキャスティングに携わってきました。今回は、キャスティングの仕事をしていてやりがいを感じる瞬間を紹介します。

 

キャスティング業務は、企業様のご要望に合わせてマッチングすることが仕事です。しかし創業当時は実績がないため、企業様からキャスティングの仕事をいただいても、S-Collection株式会社からの依頼を受けてくださる方がなかなか見つかりませんでした。

そんな中、ご縁がつながり、徐々に実績を積み上げてきたことで、キャスティングの幅が広がってきました。一例を紹介しますと、あるイベントでは国民的なヒットソングを世に出したボーカルデュオをお招きしたことがあります。そのボーカルデュオは、今の20代から30代が学生の頃、話題になったドラマの主題歌や、20年以上続く人気アニメの主題歌を歌ったことがある方々です。

 

なぜ、オファーを受けていただけたのかを伺ったところ、S-Collection株式会社の掲げる「これからの日本を担っていく若者が、夢に向かい努力することを応援する」というスローガンに共感したため、とご回答いただきました。出演いただいたイベントでは、懐かしいセットリストに来場者も大喜びで、一緒に歌ったり、曲に合わせて腕をあげたり、たいへんな盛り上がりとなりました。

 

さらに、口コミやSNSでの拡散力がある年齢層が集まっていたため、そのイベントの噂が広まり、その後のライブ活動にもつながり、キャストにも喜んでいただきました。

 

キャスティングの仕事にやりがいを感じるのは、そのイベントが大盛況で、企業様、来場者様、キャスト、すべての方に喜んでいただいた時です。

特に、前述のイベントのように国民的な人気がある方や著名人が、出演を通じてイベントに価値を感じていただけるキャスティングができた時は、喜びも格別です。

これからも、S-Collection株式会社はキャスティングをとおして企業様のご要望に応えつづけていきます。