キャスティングについて

S-Collectionのキャスティングについて

キャスティング企業研究〜通販系に強い会社〜

映画×キャスティング  

キャスティング企業研究〜イベント系に強い会社〜」で、キャスティングの基本的なサービスの仕組み、会社によって強みがあること、そしてイベントを得意としているキャスティング会社について紹介しました。

今回は「映画系を得意としているキャスティング会社の活動」について紹介します。

こうして決まる!映画のキャスティング!

映画のキャスティングにおいては、制作プロダクションとキャスティング会社との
信頼関係が非常に重要になります。

なぜなら、制作プロダクションは映画の企画立案、制作、費用、配給、および興行といった主要業務を担っているからです。

キャスティング会社としては、どれだけ効率的に候補者を選出できるかが、信頼を得るポイントになります。

映画系のキャスティングを得意としている会社では、映画のジャンル、キャストの出演歴などを体系的に整理しています。さらに、旬の役者の把握はもちろんのこと、多角的な視点と情報網も駆使しています。
これらの多くの要素を考慮し、企画内容にあわせたキャスティングをしていきます。

「あの映画の配役は、はまり役だったね。」

と感想をいただく声が多ければ多いほど、制作側のイメージや映画のテーマに沿っているだけではなく、観客の満足度が高いキャスティングをしたことになり、キャスティング会社は企業様へ価値を提供できたといえます。

今回は映画関連のキャスティングについて紹介しました。S-Collection株式会社では上記のキャスティングはおこなっていませんが、どのような分野においても、お客さまのイメージやニーズをかたちにすることがキャスティング会社の仕事であることは共通です。