キャスティングについて

S-Collectionのキャスティングについて

パフォーマンスを最大限にするのは!?キャスティングのベストマッチング!

キャストが考える、最高のパフォーマンスをするための2つのポイント

 

今回は今までと違った観点から、S-Collection株式会社のキャスティングについて紹介します。

1.イベントの来場者

キャストは、イベントによってどのようなパフォーマンスがベストか常に考えています。

ベストを考えていく上で、イベントについての事前情報はとても重要です。

まずはじめにキャストが気にするのは、来場者の年齢層です。

たとえば講演会の場合、学生向けか、社会人向けなのかで、伝えるべきメッセージが変わる場合もあります。

以前、S-Collection株式会社が開催した社会人向けの講演会で、効率的な時間の使い方や、仕事に対する姿勢について話していただいた講師に感想を聞くと、「熱気があり素晴らしいお客さまだった。」「若い人たちが多く学ぼうとする様子に嬉しくなった。」「このような機会をもらって感謝している。」と述べていました。

来場者が期待していることと、キャストのパフォーマンスや講演内容が一致することで、来場者の満足度は格段に高くなります。

2.イベントの趣旨

キャストは、自身の今後の活動につながるかどうかも視野にいれているので、イベントの趣旨が、キャストのイメージに合うかを気にしています。

イベントの趣旨と、キャストのイメージをマッチングさせることが、イベント運営を行う企業様、来場者にとって満足度の高いものを提供することにつながります。

他にも、会場が歴史的建造物であることや、収容人数の多さという会場自体の価値によって気持ちが高まったというキャストや、来場者の熱気ある雰囲気で普段よりとても話しやすかったというキャストもいます。

S-Collection株式会社では、主催者側にとってもキャストにとっても、双方のメリットがマッチするよう試行錯誤しながら、互いに発展していけるキャスティングを心がけています。