キャスティングについて

S-Collectionのキャスティングについて

多様化するキャスティング(クラウドキャスティング)

多様化するキャスティングサービスとS-Collection株式会社が大切にするもの

ITの発展にともない、メディアの形態がラジオからテレビへ、テレビからインターネットへと進化しているなかで、キャスティング手法も多様化しています。

今回は、近年あらたに広がりをみせているクラウドキャスティングを紹介します。

クラウドキャスティングとは、キャスティング会社に登録されているさまざまなジャンルのゲストにWeb上で簡単に出演依頼をしたり、出演募集をかけたりすることができるキャスティングサービスです。このシステム化されたキャスティング手法により、依頼者と出演者双方にとってキャスティングはよりスピーディーで身近なものとなってきています。

クラウドサービスが普及することによるメリット

クラウドキャスティングのように、クラウドサービスを導入して、従来よりも速く、安く、サービスを提供する企業も増えてきています。

クラウドサービスの導入で利用者数が増えているモデルのひとつとして、民泊事業があげられます。

仲介会社のサイトに登録することで部屋を貸したい人と借りたい人がつながり、旅先ですぐに宿泊先を探すことができ、一般のホテルよりも安く泊まれるというメリットから、2015年3月には日本全国でたったの5,000件しかなかった民泊物件が、2017年3月には43,000件にのぼり、市場規模はさらに広がっています。

変化していく業界と、変わらない想い

メディアの形態が変わってきたように、将来的にはクラウドキャスティングが当たり前になるかもしれません。S-Collection株式会社は創業時より、ヒアリングを重ね、ニーズを理解していく対話を主としたコミュニケーションをとりながらキャスティングを行なってきました。
これからも時代の変化にあわせて、皆様から必要とされる企業で在り続けます。