キャスティングについて

S-Collectionのキャスティングについて

理想のイベントをサポート!こんな時はキャスティングを依頼しよう!

プロの手をかりれば安心・便利!

前回は『キャスティングの効果』にて、キャスティングにおける印象づけやイメージアップについてお伝えしました。

S-Collection株式会社には「どういうときにキャスティングを委託すればよいのか」というご質問をいただくこともありますので、今回はキャスティングの依頼について紹介します。

1.「この人がいい!」希望のタレントがいるとき

希望のタレントがすでに決定しているときは、芸能プロダクションとつながりの深いキャスティング会社に依頼するのがおすすめです。

特にプロとしてさまざまな場面で活躍をしているタレントは、契約内容や諸権利に関して注意すべき点も多くなります。思わぬトラブルを未然に防ぐためにも、対応に慣れており、コンプライアンスへの取り組みが十分なキャスティング会社に委託されることをおすすめします。

2.「こんなイメージにしたい!」適役を発掘したいとき

モデルや役者を選考するためにオーディションを開催する場合も、キャスティング会社へ委託することがおすすめです。オーディション会場からカメラマン、ヘアメイク、およびスタイリストの手配まで、必要な段取りを一任することができます。

S-Collection株式会社においても、これまでにいただいた依頼を通じて芸能プロダクションとのつながりをつくっています。

企業様が、コンテンツそのものやキャスティング以外の要素に注力していただけるよう業務に取り組んでおりますので、ぜひご活用ください。