キャスティングについて

S-Collectionのキャスティングについて

キャスティング会社はどんなことをするの?

キャスティング会社の活用であらゆるお悩みを一気に解決!

これまで、S-Collection株式会社のキャスティング事業部についてさまざまな切り口で発信してきました。今回は少し視点を変えて、そもそも一般的にキャスティング会社がどのような業務を行っているかについて紹介します。

 

キャスティング会社の一般的な業務内容

「キャスティング」という言葉は、"演劇、映画などで役を振り当てること。配役。”(出典キャスティング とは - コトバンク)と定義されますが、キャスティング会社の業務内容は配役に付随する下記のようなさまざまな交渉や法務上の諸手続きの代行を含みます。

・出演候補者の選出
・出演交渉
・出演契約締結(契約更新を含む)
・出演日程の調整
・広告主に対する宣伝計画の提案(プレゼンテーション)
・内諾の取り付け
・演者に対する契約料および出演料の支払い 
著作権、音楽著作権、商標権、意匠権、出版権、翻訳権などの管理、売買および販売の受託
など

 

キャスティング会社の選び方

一般的に、キャスティングが行われる場面には、映画やテレビ、イベントなどがあります。キャスティング会社によっては、上記以外の業務(企画、運営、製作など)も代行している場合があり、業務の幅は各社で異なります。

主催者側のニーズに応じてキャスティング会社を活用することで、労力を要する交渉や煩雑な手続きを外部委託できるだけではなく、イベント開催に関するあらゆる面でサポートを受けることも可能です。

S-Collection株式会社は、主催者側のニーズに応じて、幅広く柔軟なサポートを提供しています。より細かな業務内容についても今後のブログで紹介していきますので、ご期待ください。
また、お問い合わせにも随時対応しております。お気軽にご連絡ください。