S-Collection株式会社 キャスティングについて

S-Collection株式会社のキャスティング事業

時代のニーズをつかみ続けるキャスティング業界

メディアと密接に関わるキャスティングの歴史

今回は世のなかの変化にキャスティング業界がどのように対応してきたのか、そして今後どのように変化をしていくのか、業界の歴史を交えながらお伝えします。

メディアとキャスティングの深い関係

キャスティングの歴史はメディアの歴史と深く関係しています。
かつての日本にキャスティングという概念はなく、個人が文章や楽譜を用いた演奏会や舞台といった実演を、メディアという形で表現していました。

雑誌掲載、ラジオ出演、映画配役、テレビ番組出演、およびテレビCMなど、新たなメディアが増えるのに合わせてキャスティングという業界が誕生しました。
新たなメディアが時代に浸透しきっていない時期は、映画会社の社員、テレビ局の局員、もしくは劇団に所属している人のなかから出演者を選出することが当たり前でした。
そこからメディアの仕組みをより活かすために、制作側が出演者の選別、調査、そして提案、出演依頼、出演交渉、出演の契約、出演料の支払いなどをする、キャスティングが行われるようになりました。

今後求められるキャスティングとは!?

ITの普及やSNSの多様化により、現在はかつての日本のように個人がメディアをもつ時代です。情報発信力が圧倒的に強くなっているので、今後はどれだけ世のなかのニーズをつかむための情報や信用を得られるかが重要視されます。
個々が力を付けながらコミュニティとしての力を発揮できるようになることで、これまでにはなかった新たなジャンルのコンテンツやメディアを発信していけるようになるでしょう。

この変化の激しい時代にキャスティングで求められることは、世のなかの変化に敏感であることです。
S-Collection株式会社は幅広い事業に取り組んでいる強みを活かしながら世のなかのニーズに合わせたキャスティングを行っていきます。