S-Collection株式会社 キャスティングについて

S-Collection株式会社のキャスティング事業

S-Collection株式会社のキャスティング企業研究~舞台系に強い会社

舞台×キャスティング

これまでにキャスティング企業の研究として、イベント系映画系、そして通販系それぞれに強い会社を紹介し、基本的なサービスや仕組みなどの強みを紹介してきました。
今回は舞台系を得意としているキャスティング会社の強みについて紹介します。

1.舞台におけるキャスティングの重要性

舞台ひとつ作るのに、大掛かりな準備が必要になってきます。
「いつ」「どこで」といった開催の詳細、「なにを」「どんなふうに」の作品内容の詳細、そしてもっとも重要なのが「だれが」の役割、配役です。
舞台制作に欠かせないスタッフとして、舞台監督、助監督、助演出、幹部がいます。
そして、演者を選考するのにもっとも重要なのがキャスティングです。直接オファーする場合やオーディションをして決める場合など手段はさまざまです。

どのキャストがどの役を演じるのか。これは観客にとっても特に注目するポイントで、その分制作スタッフの責任も重大です。
作品のイメージに合うか、役の魅力を最大限引き出す技量があるキャストか、あらゆる観点から決めていきます。

ひとつの舞台をつくりあげるまでに、多くの時間と労力、そして適したキャスティング力が必要となります。
したがって、舞台の要となるキャストを選ぶ制作幹部も、とても重要な役割を担っています。

2.お客さまに楽しんでもらう舞台をつくるため

舞台制作において、キャスティングはとても重要になります。
世間の声や人気も考慮しながら、ニーズにあったキャスティングをすることにより、お客さまに喜ばれる最高の舞台をつくりあげることができます。

実際に舞台系に強い会社は、長年の実績を積み重ねてキャストとのコネクションやキャスティング力に長けているところが多いです。
評判のいい舞台をつくるために、キャスティングに強い会社にオーディションや重要な配役をお任せしてみるといいでしょう。

S-Collection株式会社のキャスティング事業部においても、講師、アーティスト、または芸人など、さまざまなキャストとのコネクションをもっています。さらに、実績を通じてキャスティング力も磨いています。キャスティングといえばS-Collection株式会社となるよう、さらに幅を広げたキャスティングを実現していきます。