S-Collection株式会社 キャスティングについて

S-Collection株式会社のキャスティング事業

広告キャスティング特有のルール「競合」とは?

キャスティング会社の常識「競合」について知る

キャスティング会社と聞いて、どのようなことをしている会社だと思いますか。
実際のところ「キャスティング会社といえばココ!」という会社がなく、なにをしているのかよくわからないというイメージをもたれているのがキャスティング業界の現状です。
ここでは、キャスティング会社が具体的になにを行っているのか、またキャスティング業界の常識ともいえる「競合」について紹介します。

1.そもそもキャスティング会社はなにをしているの?

キャスティング会社の仕事は簡単にいうと不動産の仲介業者のようなものです。
不動産の仲介業者は、お客さまが希望される部屋の条件に合わせて、物件情報を集めて紹介します。
同様に、キャスティング会社は企業様が希望される条件を考慮しながら候補者を提案し、出演の交渉をします。

キャスティング会社によって得意分野や力を入れている分野は違いますが、基本的な仕事はどこもほぼ同じです。
ではなぜ、キャスティング会社の実績に差が生じるのでしょうか。
その理由は、キャスティング業界のルールである「競合」をうまく活用したところにあります。

2.競合とは?

「競合」とは「競合他社への広告出演に対する制限のこと」をいい、広告への出演者をキャスティングする際のルールです。
他社との差別化をはかったり自社の強みを発揮するためにも、キャスティング会社はこの「競合」を重要視しています。

広告主となる企業様は自社の製品やサービスのイメージにキャストを合致させることで、企業のイメージをつくろうとしています。
そのため、すでに競合他社のCMに出演し、他社のイメージが定着しているキャストを、自社のCMに出演させることは避けなければなりません。

広告は他社との違いをうみだすための戦略であり、マーケティングのなかの重要な要素です。
「競合」というルールをうまく活用し、企業様の求めるかたちを一緒にイメージしながらキャスティングをすることで、実績の差はうまれてくるのです。

3.競合には2種類ある

以下のように、競合には「商品競合」と「企業競合」の2種類があり、それぞれで制限がかかる範囲が異なります。

①商品競合
広告で扱う商品やサービスと同系統のものに対する制限

例:日用消耗品やスキンケア用品を扱うA社のシャンプーのCMに起用されていたタレントを、同系統の商品を扱うB社のシャンプーのCMに起用することはできない。
ただし、化粧品のCMには起用することはできる。


②企業競合
競合他社が製造や販売をする商品すべてに対する制限

例:日用消耗品やスキンケア用品を扱うA社のCMに起用されたタレントを、同系統のB社のCMには起用できない。

広告におけるキャスティング業界特有のルールである「競合」についてしっかりと理解し、企業様のニーズに合うキャスティング会社を選ぶことが非常に大切なポイントです。

今後もS-Collection株式会社は強みを活かしながら、企業様のニーズにあわせて柔軟なキャスティングを行っていきます。