S-Collection株式会社 キャスティングについて

S-Collection株式会社のキャスティング事業

デジタル?アナログ?効果的なキャスティングに必要なふたつの要素

イムリーなキャスティングが命!時代を読み続けるコツとは

イベントや広告などのキャスティングが成功するかどうかは、起用する人物が現在、世の中でどれほどの影響力や注目度をもっているかが鍵となります。
より効果的なキャスティングを行うためには、影響力が高まっているときに起用するのがポイントです。キャスティング業界では、話題性をいち早くキャッチするための工夫が凝らされています。
今回は、注目されているタレントのリサーチ方法と、S-Collection株式会社がキャストの影響力を測るために工夫していることを紹介します。

1.タレントパワーが見える化!注目の可視化サービスについて

株式会社エム・データでは、2018年1月よりタレントパワーを可視化するサービス『Talent Rank』をスタートしました。このサービスは、株式会社エム・データの独自指標にもとづいてTV出演者のタレントパワー(影響力や認知度など)をスコア化したダッシュボードサービスです。
このサービスにより、個々のテレビ出演数、年代別の人気、または都道府県別の支持度合いなどが可視化され、リアルタイムで注目度が上昇しているタレントの発見につながります。このようにデータ化することにより、各種イベントへのキャスティング、番組制作、および次期ブレイクタレントの予測にも活用することができます。

2.アナログのデータも大事にするS-Collection株式会社の強み

S-Collection株式会社のイベントでは、その時代に合った著名人を数多くキャスティングしています。そのためには、日々のトレンドを掴むことや、影響力の高いタレントのリサーチが重要です。(「S-Collection株式会社キャスティング担当の流儀~プロとして最高のサービスを」でもご紹介しています。)
それだけではなく、来場者の「リアルな声」を反映させたキャスティングも大切にしています。20代、30代という若い年齢層をターゲットとしたイベントが多いからこそ、今本当に求められているものを提案することが大切だと考えているからです。来場者それぞれが「自分の声が反映されている」という実感をもっていただくことで、リピーターの獲得にも努めています。

S-Collection株式会社は、デジタルなデータも大事にしつつアナログな反応にも注目しながら、より効果的なキャスティングを提供していきます。