S-Collection株式会社 キャスティングについて

S-Collection株式会社のキャスティング事業

世界的べストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の著者が日本に来た!!

暑くて熱い1日が到来!ロバート・キヨサキ氏の熱演

あの『金持ち父さん貧乏父さん』の著者が日本に来る!
2018年10月6日、全世界で大ベストセラーとなった『金持ち父さん貧乏父さん』の著者であり、また経営者でもあるロバート・キヨサキ氏による講演会が幕張メッセで行われました。
日系4世でもあるロバート・キヨサキ氏にとって、日本は自身のルーツともいえる国です。来日に秘めた想いとはいったい何だったのでしょうか。

 

1.当事者の口から語られる『金持ち父さん貧乏父さん』

夏が再来したとも思えるような気温の中、超満員となった会場は熱気であふれかえりました。
満場の拍手で迎えられたロバート・キヨサキ氏は、70歳を超えたとは思えないほどの軽快な足取りで舞台に立つと、子供のような人懐っこい笑顔を向けながらとつとつと語りはじめました。
「小学生のころ、私の家はひどく貧しくなぜ自分の家がこんなにも貧乏なのかと不思議に思いました。学校ではお金についての知識は身につかず、いかに良い労働者になるかを教わることばかり。良い学校をでれば良い仕事につけ高収入が得られるというのが教師たちのロジックでしたが、私にはそうは思えませんでした。なぜなら良い学校をでた教師でもある私の父はあまり裕福とはいえなかったからです。」
自身が「貧乏父さん」と呼ぶ実の父親とのエピソード、そして「金持ち父さん」との出会い。著書『金持ち父さん貧乏父さん』の世界がまさに当事者の口から語られました。
「日本の皆さんに伝えたいことがある。お金について学ぶこと。自身の頭で考えることの大切さです。」
お金について学ぶ大切さを語るロバート・キヨサキ氏。なぜ、教育の場でお金のことについて学べないのか。何を学ぶことが、豊かな人生を切り拓くことに活かせるのか。

 

2.ロバート・キヨサキ氏が、医者の反対を押し切ってでも来日し伝えたかったこと

友人であるトランプ現大統領をはじめとする各界の著名人との交流のエピソードなどを交え、ときおり発する日本語のスラングで、場内を活気と笑いで包みました。
驚いたことに、来日の直前、ジムで運動中に倒れ、つい数日前まで入院していたそうです。医者の反対を押し切っての来日でした。
「今こそ、お金について学ぶ必要がある。学校の教育ではお金の稼ぎ方は学べない。」
彼が伝えたかったこと、それは人生を豊かにするうえで欠かせない、お金について学ぶことの大切さです。

 

ロバート・キヨサキ氏の共同経営者であるロバート・アレン氏の講演も経験に裏打ちされた伸びる組織をつくる秘訣が満載でした。名だたる経営者による成功のエッセンスがつまった5時間以上にも及ぶ講演会は大盛況のうちに幕を閉じました。