キャスティングについて

S-collectionのキャスティングについて

キャスティングと芸能事務所の違いとは?

S-Collection株式会社のキャスティング事業部では、お客様の満足を大事に、イメージにあった適切な配役を決定(キャスト)し、依頼内容を具現化するお手伝いをしています。



ここでひとつ疑問が湧いてきた方も多いのではないでしょうか?



「芸能事務所とどこが違うの??」


ということです。


確かに。。。一見すると似たようなものだと思われがちですが、全然違います。


芸能事務所は、キャスト自身がその事務所に「所属」しています。マネージャーがプライベートなお世話をしたり、レッスンを受けさせてもらったり、マスコミとコミュニケーションをとり、活躍の場を用意したり、、、


簡単に表現すると、いろいろ面倒を見る親のような存在です。



一方で、S-collectionの手掛けるキャスティングは、「仲介」の意味合いが強いです。

イベントを主催したいお客様側と、キャストを仲介し、お客様が、どんなイベントにしたいのか?というところに真摯に対応しています。

規模はどのくらいか?会場の広さは?などなど。


お客様の要望に合わせて、どんなタレント、芸人、知識人を配役していくかを考えていく、、、


という立場で仕事をしているのです。


そういう意味では、キャスティングによって作られるイベントはより主催者の意図に沿ったものになるはずです。


S-collectionが関わっているイベントは、主催する企業様の立場にたち、キャスティングの面からサポートしていきます。

キャスティングとは??

今回はS-collection株式会社のキャスティング事業について紹介したいと思います。




S-Collection株式会社のキャスティング事業部では、お客様の満足を大事に、イメージにあった適切な配役を決定(キャスト)しています。


企業様からの依頼内容(イベント・イメージ、規模、ご来場者など)を具現化してお客様にお届けするお手伝いをしています。

キャスティングするイベントや内容、規模などによって、キャスティングが変わってきます。

あらゆる依頼に応じて、適材適所なキャストを適正価格で手配していきます。


「こんなことお願いできるの?」や「前回はこうだったんだけど」という相談はもちろんのこと、イベントの集客についてお困りなことでも、お気軽にご連絡ください。



キャスティングの実績としては、Liveシーンおいては、「ケセランパサラン」、「KITE」をはじめとするアーティストから、「ハイキングウォーキング」、「ぶるんぼ」といったお笑い芸人まで、多岐に渡ります。


講演会においても同様に、多くの講師陣、文化人をキャスティングした実績を持ちます。


上記のように、それぞれのシーンにおいて、お客様の要望に合わせ、適役といえるキャスティングをすることができます。